HOME > イチョウファームについて

イチョウファームについて

日本イチョウファームは、福島県相馬郡新地町にて、厳格な生産管理体制の下、イチョウ葉の栽培、生産を行っています。福島県相馬郡新地町の肥沃な土壌と、日本イチョウファームの優れた栽培技術によって、新鮮で安全なイチョウ葉を栽培することができます。
ここでは、イチョウ葉エキスの品質、農場、工場、書籍や報道記事を通じて日本イチョウファームをご紹介します。

イチョウ葉エキスの品質
日本イチョウファームのイチョウ葉は、厳格な生産管理方法に基づいて有機・無農薬栽培を行っています。その生産管理方法での栽培されたイチョウ葉の品質は、安全で国内屈指の品質です。
農場のご紹介
イチョウ葉栽培農場は、全面積で15ヘクタールあり、その100%が新地町内で栽培されています。その中でも日本イチョウファームの研究栽培農場は、駒ヶ嶺地区の鹿狼山麓にあり、高品質のイチョウ葉を栽培するための試験を行っています。
工場のご紹介
イチョウ葉成分の抽出・精製を、「植物化学の専門企業である(株)常磐植物化学研究所にて行っています。常磐植物化学研究所は、植物成分の抽出・分離・精製に関する幅広いノウハウを蓄積しています。
書籍のご紹介
日本イチョウファームの創業者である平間正治が国際協力事業の一環として生涯かけて関わってきた海外農場指導の40年の歩みを描いた『風と光とマカダミアと?海外農業指導者一筋40年の歩み?』(株式会社国際協力出版2003年7月15日初版発行)のご紹介をします。
報道記事のご紹介
(有)日本イチョウファームが今までに報道された報道記事をご紹介します。河北新報、福島民報、日本経済新聞、日本農業新聞、文芸春秋等の記事をご紹介します。
商品に関するお問い合わせ
TEL 043-498-2244
  • 株式会社 常盤植物科学研究所 植物のちからを健康に
  • Sana 自然と美と健康 カラダにやさしいハーブの力をおいしくお届け
PAGETOPへ